沿岸漁業の危機

漁業は大きく、沿岸漁業、沖合漁業、遠洋漁業に分けられますが、その中の沿岸漁業は、5〜10t位の小型漁船を使って主に家族で漁業をしている業態で、日本の漁師の約9割は沿岸漁業者です。日帰りで操業し地域によって多様な漁法があり、日本の漁業は長年、家族経営的な小規模の漁師によって支えられて来ました。

しかしその沿岸漁業が、大量の魚を一網打尽にする巻き網漁による各魚種の漁獲高の急減や、その水産資源の保護のために水産庁が定めた漁獲規制のために窮地に陥っていたす。

漁獲規制そのものは水産資源の保全・管理のために良いことではあるのですが、漁獲枠の配分が問題で、ほんのいちぶの大規模な企業巻き網の漁獲枠が大きく、沿岸漁業の沿岸漁船一隻には生活ギリギリ程度の漁獲枠歯科与えられていないようです。

よくある、よくある、いちぶの大規模なところだけが恩恵を受ける構図です。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

農と食の仕事に関わって②

この仕事に関わって覚えたこと感じたことはたくさんありますが、その中の一つが、畑で収穫直後に食べる野菜の美味しさです。生産者にまあ食べてみなと言われてたべてみた、トマトやほうれん草、とうもろこしなどの美味しかったこと。畑の環境や生産者の技術に獲りたての鮮度が加わった時の野菜の力はすごいものだと感じました。 だからこそその状態に出来る限り近い状態で消費者に届けたいという思いと、現場にできる限り足を運ん

農と食の仕事に関わって①

農業は国の礎だ!というような思いを抱きながら中途入社で入ったのが某宅配流通の会社。ここが始まりでした。この会社は環境保全型農産物や無添加・低添加の食品を扱っていて、独自の栽培・生産基準を作ってその基準を満たすことのでき顔や作り方の見える関係性を築いていくことのできるところからのみ仕入れていました。いわゆる提携ですね。第三者認証でない二者認証であり、その基準はかなり細かく厳しいもので、それだけにそれ

人が自然と調和・・・

名刺を追加印刷する際に、名刺裏に記載しているメッセージを見直してみました。 一つ「人と自然が調和する社会をめざします」という言葉を入れています。 人と自然との調和は変わらずもちろんなのですが、妻から、自然だけでなく人と人、人と物事との調和もあるわけだから、「人が自然と調和する社会をめざします」にしてみたらと。 良い提案、取り入れます。