沿岸漁業の危機

漁業は大きく、沿岸漁業、沖合漁業、遠洋漁業に分けられますが、その中の沿岸漁業は、5〜10t位の小型漁船を使って主に家族で漁業をしている業態で、日本の漁師の約9割は沿岸漁業者です。日帰りで操業し地域によって多様な漁法があり、日本の漁業は長年、家族経営的な小規模の漁師によって支えられて来ました。

しかしその沿岸漁業が、大量の魚を一網打尽にする巻き網漁による各魚種の漁獲高の急減や、その水産資源の保護のために水産庁が定めた漁獲規制のために窮地に陥っていたす。

漁獲規制そのものは水産資源の保全・管理のために良いことではあるのですが、漁獲枠の配分が問題で、ほんのいちぶの大規模な企業巻き網の漁獲枠が大きく、沿岸漁業の沿岸漁船一隻には生活ギリギリ程度の漁獲枠歯科与えられていないようです。

よくある、よくある、いちぶの大規模なところだけが恩恵を受ける構図です。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

歴史について

自分は学生時分から歴史が好きですが、学校の授業で一般的な年号や出来事などの事実羅列だけの歴史では、あまり意味がなく楽しみもなくなるでしょう。歴史には人間社会の真理が凝縮されて詰まっています。歴史は、教科書や伝記にのる有名人や偉人の行動によってだけでなく、むしろ名もない人々の怒りや悲しみ、欲望、熱意などによって動いていくものと思います。各時代の経済や人間社会をつぶさに考察し物事の因果関係を知り、その

農と食に関する提携について

自分はいま、有機や低農薬の農産物の卸事業にも携わっていますが、そこで大事なのは、その農産物ができる過程や背景です。 どんな地域のどんな畑でどんな生産者がどのような思いで作り育てているか、そのことをでき得るかぎり伝え知ってもらいたいという気持ちで取り組んでいます。 その上で購入するかどうかの選択をしてもらえればよいですが、自然と段々にそのように伝えたものの購入につながってくる感じもしています。 産地

八百屋と商店街

最近、八百屋さんというのは減ってきました。コンビニやスーパー、専門店などいろいろな業態が増えてきたことや商店街の衰退などがあるかと思いますが、街の生活の中でとても大切な要素の一つだと思います。商店街の核でもあります。既存の品揃えに加え特徴あるものを取り入れたら、まだまだ可能性のある魅力のある仕事だと思います。何より作り手と食べ手をつないでいます。そのためにも各地の商店街、大事にしていきたいです!