石神井川流域の縄文文化

練馬区立石神井公園ふるさと文化館でこの夏の企画として開催されている「石神井川流域の縄文文化」に、子どもと一緒に行ってきました。

東京と埼玉にまたがる武蔵野台地は、関東ローム層に覆われた洪積台地で、台地上を流れる河川地域で多くの遺跡が見つかっていますが、練馬区内を流れる石神井川を中心とした河川沿いからも縄文時代の遺跡が数多く発見されているようです。

大小、形も文様も様々な土器や石器が展示されていましたが、縄文時代のどんな人がどんなことを考えながらどのように作ったのだろうと考えると、なんだかとてもワクワクします。

「文化はいつも川のほとりから生まれる」がキーワードです。

1万年あまり続いた縄文時代にとてつもない

ロマンを感じます。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

歴史について

自分は学生時分から歴史が好きですが、学校の授業で一般的な年号や出来事などの事実羅列だけの歴史では、あまり意味がなく楽しみもなくなるでしょう。歴史には人間社会の真理が凝縮されて詰まっています。歴史は、教科書や伝記にのる有名人や偉人の行動によってだけでなく、むしろ名もない人々の怒りや悲しみ、欲望、熱意などによって動いていくものと思います。各時代の経済や人間社会をつぶさに考察し物事の因果関係を知り、その

農と食に関する提携について

自分はいま、有機や低農薬の農産物の卸事業にも携わっていますが、そこで大事なのは、その農産物ができる過程や背景です。 どんな地域のどんな畑でどんな生産者がどのような思いで作り育てているか、そのことをでき得るかぎり伝え知ってもらいたいという気持ちで取り組んでいます。 その上で購入するかどうかの選択をしてもらえればよいですが、自然と段々にそのように伝えたものの購入につながってくる感じもしています。 産地

八百屋と商店街

最近、八百屋さんというのは減ってきました。コンビニやスーパー、専門店などいろいろな業態が増えてきたことや商店街の衰退などがあるかと思いますが、街の生活の中でとても大切な要素の一つだと思います。商店街の核でもあります。既存の品揃えに加え特徴あるものを取り入れたら、まだまだ可能性のある魅力のある仕事だと思います。何より作り手と食べ手をつないでいます。そのためにも各地の商店街、大事にしていきたいです!