石神井川流域の縄文文化

練馬区立石神井公園ふるさと文化館でこの夏の企画として開催されている「石神井川流域の縄文文化」に、子どもと一緒に行ってきました。

東京と埼玉にまたがる武蔵野台地は、関東ローム層に覆われた洪積台地で、台地上を流れる河川地域で多くの遺跡が見つかっていますが、練馬区内を流れる石神井川を中心とした河川沿いからも縄文時代の遺跡が数多く発見されているようです。

大小、形も文様も様々な土器や石器が展示されていましたが、縄文時代のどんな人がどんなことを考えながらどのように作ったのだろうと考えると、なんだかとてもワクワクします。

「文化はいつも川のほとりから生まれる」がキーワードです。

1万年あまり続いた縄文時代にとてつもない

ロマンを感じます。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

農と食の仕事に関わって②

この仕事に関わって覚えたこと感じたことはたくさんありますが、その中の一つが、畑で収穫直後に食べる野菜の美味しさです。生産者にまあ食べてみなと言われてたべてみた、トマトやほうれん草、とうもろこしなどの美味しかったこと。畑の環境や生産者の技術に獲りたての鮮度が加わった時の野菜の力はすごいものだと感じました。 だからこそその状態に出来る限り近い状態で消費者に届けたいという思いと、現場にできる限り足を運ん

農と食の仕事に関わって①

農業は国の礎だ!というような思いを抱きながら中途入社で入ったのが某宅配流通の会社。ここが始まりでした。この会社は環境保全型農産物や無添加・低添加の食品を扱っていて、独自の栽培・生産基準を作ってその基準を満たすことのでき顔や作り方の見える関係性を築いていくことのできるところからのみ仕入れていました。いわゆる提携ですね。第三者認証でない二者認証であり、その基準はかなり細かく厳しいもので、それだけにそれ

人が自然と調和・・・

名刺を追加印刷する際に、名刺裏に記載しているメッセージを見直してみました。 一つ「人と自然が調和する社会をめざします」という言葉を入れています。 人と自然との調和は変わらずもちろんなのですが、妻から、自然だけでなく人と人、人と物事との調和もあるわけだから、「人が自然と調和する社会をめざします」にしてみたらと。 良い提案、取り入れます。