歴史について

自分は学生時分から歴史が好きですが、学校の授業で一般的な年号や出来事などの事実羅列だけの歴史では、あまり意味がなく楽しみもなくなるでしょう。歴史には人間社会の真理が凝縮されて詰まっています。歴史は、教科書や伝記にのる有名人や偉人の行動によってだけでなく、むしろ名もない人々の怒りや悲しみ、欲望、熱意などによって動いていくものと思います。各時代の経済や人間社会をつぶさに考察し物事の因果関係を知り、その本質を摑んでいくことが歴史の醍醐味ではないでしょうか。

歴史を振り返りまた立ち返ると、これから先向かっていく道を見究め道筋をつけていけると思います。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

農と食の仕事に関わって②

この仕事に関わって覚えたこと感じたことはたくさんありますが、その中の一つが、畑で収穫直後に食べる野菜の美味しさです。生産者にまあ食べてみなと言われてたべてみた、トマトやほうれん草、とうもろこしなどの美味しかったこと。畑の環境や生産者の技術に獲りたての鮮度が加わった時の野菜の力はすごいものだと感じました。 だからこそその状態に出来る限り近い状態で消費者に届けたいという思いと、現場にできる限り足を運ん

農と食の仕事に関わって①

農業は国の礎だ!というような思いを抱きながら中途入社で入ったのが某宅配流通の会社。ここが始まりでした。この会社は環境保全型農産物や無添加・低添加の食品を扱っていて、独自の栽培・生産基準を作ってその基準を満たすことのでき顔や作り方の見える関係性を築いていくことのできるところからのみ仕入れていました。いわゆる提携ですね。第三者認証でない二者認証であり、その基準はかなり細かく厳しいもので、それだけにそれ

人が自然と調和・・・

名刺を追加印刷する際に、名刺裏に記載しているメッセージを見直してみました。 一つ「人と自然が調和する社会をめざします」という言葉を入れています。 人と自然との調和は変わらずもちろんなのですが、妻から、自然だけでなく人と人、人と物事との調和もあるわけだから、「人が自然と調和する社会をめざします」にしてみたらと。 良い提案、取り入れます。